Skip to content

オフィスにあるビジネス文書の和訳は翻訳サービスに

ビジネス文書の翻訳作業は、その道のプロフェッショナルに任せましょう。

ごく普通のオフィスでも英語で執筆された資料やEメールを扱う頻度が増えて来ました。大事なビジネス文書の和訳を間違ってしまうと、それが原因で大きなトラブルが起きかねません。ビジネス文書は独特の言い回しが使われている事があり、また日本人とは英単語の選び方や解釈が違っている面もあります。翻訳サービスに相談して、オフィスに届いた英文のEメールや資料を正しく和訳してもらえば、それだけで仕事はとても楽になります。

いわゆる個人経営のオフィスでも、多くの翻訳サービスが依頼を快く引き受けてくれるので心配無用です。大企業や教育機関向けだと思われがちな翻訳サービスですが、昨今では個人で仕事を請け負うフリーランスの方や自宅をオフィス代わりにしているSOHOの方々も挙って利用なさっています。ビジネス文書の和訳をプロに依頼するとコストが高くなるのでは、という心配があるかもしれません。

確かにひと昔は料金が高額でした。ところが最近は翻訳サービスの料金が随分と安くなりました。更にごく僅かな数量からでも依頼が出せるようになったため、簡単な和訳はオフィス内で進め、失敗が許されない重要な資料だけを外部の翻訳サービスに依頼してコストを圧縮する、といった工夫が出来ます。そして英語以外にも中国語やフランス語、ドイツ語などのビジネス文書も依頼可能です。更にマイナーな言語の和訳を受け付けている専門会社もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *