Skip to content

ビジネス文書は翻訳サービスに任せ、オフィスの効率化

いわゆるゼネラリストが昨今、日本のオフィスでは評価されています。

多種多様なスキルをまんべんなく習得し、一人で色々な業務をバランス良く処理できる、それは大変素晴らしい事です。ただし、近年のビジネスシーンはかつてないほどに複雑化して来ました。社員が効率よく働き、安定した利益を出すオフィス程、実は分業体制を上手く構築しているのです。ゼネラリストな人材も勿論オフィスでは大事ですが、例えばビジネス文書の和訳や英訳といったお仕事は、社内で進めるよりも上手く社外の翻訳サービスを利用した方が、結果的に時間もコストも節約出来ます。

いわゆる有能なビジネスパーソン程、むしろワンマンではなくオフィスの仕事を大胆にアウトソーシングをして、現場の負担を最小限に留めます。翻訳サービスにビジネス文書の英訳や和訳を委託する事で、本社に勤めるゼネラリストの方々が自らの本業に集中する事ができ、組織のマンパワーを合理的に活用出来ます。

有能なゼネラリストが多い現場だと、つい細かい仕事まで、社内で全て完結させようとしますが、それが返って業務効率をダウンさせるので要注意です。翻訳サービスに委託すれば短時間でビジネス文書を訳してもらえる上、非常に読みやすい文体に仕上げてくれます。英語圏の文化や社会に精通したスペシャリストが翻訳サービスには在籍しており、そういった方が教科書的な直訳ではなく、より日本人に伝わりやすい文体と表現に置き換えて、英語の資料を訳してくれるので、オフィスのコミュニケーションもより円滑になる事、間違いありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *