Skip to content

必要な場面ではしっかり翻訳サービスを利用しましょう

インバウンドの流れに加えて、外国人労働者の受け入れも急ピッチで進んでおり、これまでとは全く違う次元で日本社会が多言語対応を迫られています。

最終的には、日本人ひとりひとりが複数の言語能力を身に付けて、異なる母国語を持つ人たちと違和感なくコミュニケーションが取れる社会になる事が理想です。ただ、これまで島国という特殊環境に守られてこうした外国語対応の必要性を理解しないまま過ごしてきた私たちにとって、これは大きな価値観の転換を迫るものです。他の技術と違って言葉を身に付ける事は全ての土台であって、それが出来たからといって多くの人にとっては直接的な利益になるわけではないからです。

ここに言語習得の構造的矛盾が潜んでいるため、日本人の多言語化は次の世代の課題となるでしょう。人の対応力という点では一世代の猶予が必要ですが、現場の変化はそれを上回ります。こうした激変する社会環境に迅速にしかも間違いなく対応するためには、専門家の手助けが必要です。

具体的には翻訳サービスを利用する場面はこれから急速に広がるでしょう。単に文章を変換する翻訳サービスの他にも同時通訳などのニーズは確実に増えます。こうした流れに乗って、多くの翻訳サービスが登場するでしょう。しかし翻訳サイトの能力を見ても、その性能には千差万別があります。翻訳サービスを利用する場合には、有名だからなどの安易な理由ではなくその実力を見て判断したいところです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *